So-net無料ブログ作成
検索選択

アレルギー子のママさん、子供にアレルギーがあるのに保育園に預けて働く理由は何...

アレルギー子のママさん、子供にアレルギーがあるのに保育園に預けて働く理由は何ですか?

我が子にもアレルギーがあります。
4歳の娘と2歳の息子の母で、2歳の息子に卵 クラス3・大豆 クラス2・ゴマ クラス3、小麦が疑陽性です。(クラス1)
田舎で、卵・乳・小麦などのメジャーどころに対応している保育園はありますが、大豆・ゴマに対応できないと言われ、保育園難民です。(お弁当でも預かりたくないとか・・・)
保育園や市役所、福祉センターなどに掛け合っている毎日です。

ある園長先生に聞かれました。
「アレルギーの子供がいて、ここまで何度もいろんな保育園から断られている。それは、アレルギーは命に関わる問題で、多くの子が生活する保育園で絶対に安全に保育できるかと聞かれると、おそらく無理です。それでも子供を預けてまでお母さんが働く理由は何ですか?お金ですか?それとも他に理由があるのですか?お金だったとしたら、子供の命にかえても欲しいものですか?」

そう聞かれ、何も答えられませんでした。

実は他のお母さん方からも同じような事を何人かから言われています。

アレルギー子のママさん、子供にアレルギーがあるのに保育園に預けて働く理由は何ですか?


- 回答 -
まずその園長先生のいる保育園はやめましょう(笑)
アレルギーに対する理解、働くことに対する理解が根本的にできていない低レベルの園長先生なので。
それとアレルギーを持つ子どもを持たない親にはきっと分かってもらえないと思います。
花粉症がじゃない人が、花粉症の辛さを分からないのと同じ。


正直、その園長先生の話は、、、、理詰めで相手を黙らせて困らせたい、口で勝ちたいだけでしょう。
男性によくあるタイプですね(^o^;)
自分に都合の悪い論点をすりかえてるだけですよ。
子どもを預かる仕事をしているのに、それに対してできる限りの理解もしない、勉強もしない、まーったく努力もしない。。。自分の都合の悪い問題に直面したら急に訳の分からないことを言って逆切れするタイプですね(笑)

気にしなくていいと思います。
「アレルギーがあるのに働くのはなぜか?」なんて考えても仕方がない。
歩いててお金が落ちてる世の中ならいいですが、働かなきゃお金は稼げない。
お金がなきゃ、大事な家族を養えない。
働けば税金も払うし、消費もするし、日本経済の役にも立てます。
国民として労働は。。。義務じゃなかったですっけ?納税も。。。子供がいるから免除/義務を果たしてはいけないなんてこと言われるのはおかしな話ですよね。



当たり前ですが、幼稚園に預けること、小学校に通わせることは世の中ではまーったく非難されないんですよ。
保育園だけ!
しかも男の人はアレルギーの子供がいて働いてても文句は言われません。





うちの子も卵白アレルギー3ありで保育園には0歳児から通っています。
園児の中にもアレルギーっ子はいますよ~。
(というか、保育園ママしか知らないので、アレルギーあるのに保育園に預けるの?という人は周りにはいませんけどね。。。笑)

園からは病院から診断書と食事に対する注意に対する指示書があればそれに基づいて保育園で出来る限り対処してもらえます。
アナフィラキシーショックを起こしたことはあるのでしょうか?
エピペンを携帯しないといけないほどではないでしょう。。。?
かかりつけの小児科の先生は保育園に預けることをどう言ってるのですか?
保育園に通わなくても、幼稚園に通う年齢になったらどうするのですか?
除去だけでなく、抗アレルギー剤を処方しながら、通常の食事をするという治療方法はとらないのでしょうか?

保育園がダメなら幼稚園は?
認可がダメなら無認可、認可外で対応してくれるところは?

家族のために働いて、お金を稼ぎたい。
そう思うならできる限りの手段を考えるしかないのでは?

認可保育園、絶対に除去してくれないと困る。。。とあなたも条件の幅が狭ければ狭いほど、どんどん難しくなっていくと思います。
まずはかかりつけのお医者さんと相談してみては?
かかりつけのお医者さんが除去のみ!と言い張るなら、他のかかりつけの医師を探す。
またどうすれば保育園に通えるか相談する。


働かないといけないなら、そんなくだらない質問に立ち止まって考えこまず、前向きに解決方法を考えましょ(*^o^*)

応援してます!がんばって!

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。